ちょっと一緒に遊んだら友達、大親友とか。

そういうふうに勘違いしてしまう人っていますよね。そういう人ってとってもおめでたいけど、されている側からしたら、なれなれしい、勘違いが疲れてしまって逆に避けられたり疎遠にしてしまう原因に繋がってしまうと思うんです。
例えば、誰か1人が、のりで家でランチ会をしようと言った時にあと一人たまたま隣にいたから参加したとすると、そのあと一人の人はもう呼ばれた家の人のことを親友だくらいにアピールしはじめたりってあるあるですよね。
そして、その呼んだ家の人は全くなんとも思ってなくて、ちゃんと、別に親友がいるとします。
その親友の人に、あの人と親友なのなんてアピールをする人ってやっぱりちょっと変わり者ですよね。
親友の立場としてそのアピを何回もされてきた私としては、はぁ…と思いつつ、張本人はえ?親友じゃないし!と大笑いしていて、なんだか気の毒にさえなってきてしまうんです。
変な誤解をしている人は滑稽なのでやめたほうがいいですね。