ニューモデルを見かけなくなりました

自動車も、実に、目新しい自動車が開発されていないせいか、トヨタのアクアが出て以降、日本で初々しい自動車というものに、眼を引かれたことがなくなりました。アクアが出始めのころには、朱色のアクアに乗った顧客がいて、甚だめだっていました。
その当時、うちの通りには、トヨタのプリウスがいたるところにいて、高額なのに、何やら、ポピュラーと言うか、「また、プリウス」という風情だったので、アクアは、目新しく感じたのです。
それから、経済がいいのか、真新しい自動車を見掛けることも多くなりました。すると、ここにきて、かえなくなったのか、自動車そのもの、ニューモデルに乗じる顧客がいなくなったように思ってしまう。そんなふうに覚えるのは、自分だけでしょうか。
単に、プリウスなど、一旦購入したら、もしかしたら、10時は乗り続ける覚悟かもしれませんね。
未成年に、ますます、給与していくと、自動車にも興味を持ち、購買意欲があるはずです。だって、若者たちの父母は自動車を持っている人が多いですから。