実験でやけどをした瞬間などについて勉強した

テストの応急処置のところにあたって訓練しました。特に、やけどをした場合に関してだ。皮膚が赤くなっただけの実態(第1度)は、やけどのパーツを流水に思い切りひたします(5分限り)。水ぶくれができた実態(第2たび)は、水ぶくれを破らないことです。滅菌・滅菌薬をぬり、小気味よく包帯をします。皮膚が黒く焼けた実態(第3たび)は、乾いたガーゼでおおった後述、取り急ぎドクターの手伝いを受けます。患部に付着しているものは無理にとらず、ほかのパーツを切り落とします。次は、有毒瓦斯・湯気を吸った状態だ。すべての処理に優先して、取り急ぎドクターを呼びます。新鮮な流れ中に連れ出します。多量に吸ったときは、あったかく安静にしてドクターの処理を待ちます。しばらくして現象が変わることもあるので、沈静第ゼロだ。テストの応急処置に対して訓練しましたが、応急処置のことは知っていたこともありましたが、知らなかったこともあったので、いとも勉強になりました。借金返済 相談