日記を書こうと思ったきっかけは自分の記憶力の低下だった

1人で休日を過ごすことになりました。じっとソファに座って、この日記を書いています。
日記を書こうと思うようになったきっかけは、友人との話でした。その友人は私といつ、どこに行ったかをよく覚えていて、私によく話してくれていました。そして、私はその度に自分が全く覚えていない話に、驚いていました。また、自分が全く覚えていないという事実にも驚いていました。
私は自分の記憶力のなさを何とかしたいと思い、思いついたことが日記を書くことでした。その友人も日記を毎日書いていました。彼が何でも覚えていられるのは、日記による効果かもしれないと思ったのです。
日記を書き始めたのは数ヶ月前からですが、何とか細々と書き続けています。毎日書くことはできていませんが、時間を見つけては書いています。書く内容は、たわいもないことばかりですが、誰かと会った時、誰かと一緒に何かをした時は、時系列で書きまとめています。楽しい思い出は、具体的に覚えていられるように特に詳しく書くようになりました。キャッシング 低金利