日記を書こうと思ったきっかけは自分の記憶力の低下だった

1人で休日を過ごすことになりました。じっとソファに座って、この日記を書いています。
日記を書こうと思うようになったきっかけは、友人との話でした。その友人は私といつ、どこに行ったかをよく覚えていて、私によく話してくれていました。そして、私はその度に自分が全く覚えていない話に、驚いていました。また、自分が全く覚えていないという事実にも驚いていました。
私は自分の記憶力のなさを何とかしたいと思い、思いついたことが日記を書くことでした。その友人も日記を毎日書いていました。彼が何でも覚えていられるのは、日記による効果かもしれないと思ったのです。
日記を書き始めたのは数ヶ月前からですが、何とか細々と書き続けています。毎日書くことはできていませんが、時間を見つけては書いています。書く内容は、たわいもないことばかりですが、誰かと会った時、誰かと一緒に何かをした時は、時系列で書きまとめています。楽しい思い出は、具体的に覚えていられるように特に詳しく書くようになりました。キャッシング 低金利

親戚一族で食事会、貴重なお話を聞けました

年に1回、親戚で集まって会食します。今年はそのうち1人の女性が結婚してから初めての食事会ということで、親戚みんなが彼女の夫に会えることを楽しみにしていました。
今年は、祖父母、両親と私、母の姉一家、祖父の弟一家、いとこ夫妻が2組集まりました。子どもがいる家庭もあり、終始にぎやかでした。新婚夫妻もとても幸せそうでした。初めてお目にかかった夫の方も優しそうな人でした。私の父と学生時代の研究の分野が近かったようで、なにやら難しそうな話をしていました。
祖父は普段あまり笑わない人ですが、小さな子どもが大好きなのでずっとニコニコしていました。一生懸命子どもたちの気を引こうとしていましたが人見知りされて、少し悲しそうでもありましたが。
私は年の近い人たちとお話ししました。みな私より少し年上なので、「近い将来私もこういうことを経験するのだろうな」と大変勉強になりました。
もちろん、ご飯もおいしかったです。今年は中華料理でした。
正直、親戚とはいえ気を使うのであまり乗り気にはなれない集まりでしたが、行ってみればよい経験ができるものだと改めて感じました。http://www.sandlerltd.co/

ついに本をお風呂の中に落としてしまいました

ほぼ毎日と言っていいほど入浴中に読書をしています。本をじっくり読むことができますし、ゆっくり半身浴できるので、自分としてもかなり好きな時間なのですが、本日なんとお風呂の中に本を落してしまいました。いつも本を読む時はバスタオルを持って行って、お風呂の蓋を半分綴じてそこにバスタオルを敷き、お風呂の蓋をテーブル代わりにして読んでいるのですが、今日に限って蓋が濡れていたので一旦バスタオルで拭こうと思い、本を風呂の横に置いたところ、置き方が悪かったのか、そのまま浴槽の中に落下していきました。急いで救出したので全部は濡れず、周囲だけでしたが、かなり波打っています。ネットで本が濡れたときの修復方法を調べて、なんとかもとどおりにしたいのですが、どの方法も完璧には戻らないような感じでした。それにしても元に戻す方法の中に本を冷凍するという方法もあってびっくりしました。東日本大震災の際に、大量の本が水没したときに業者の人が急速冷凍させて本を救ったそうです。我が家の冷蔵庫は冷凍食品だらけでその方法は使えそうにないので地道に乾かして再度重石で延ばしたいと思います。それにしても失敗してしまいました。金利が安いキャッシング

暮らしやすくない町でも、間取りがよければ長く住める

元旦に義母が我が家に初めてやってきました。中に入ると開口一番、義母はこう言いました。
「ここ、いいねえ」
今の住まいは団地の一室で、間取りは2LDK、広さは約60平方メートルです。夫婦2人暮らしには十分な広さです。越してから5年以上経ちますが、義母の言う通り、確かに間取りに不満はありません。だから結婚以来今までの住まいの中で一番長く住み続けられたといえます。
でもその一方で、周辺の環境は「よい」と言い切れない現状があります。私はときどき町の住みやすさに関するアンケートに回答しますが、以前住んでいた地域の方が好意的な回答になります。その理由は「交通の便」と「買い物のしやすさ」です。前の住まいの周辺の方が公共交通の便がはるかによく、移動がしやすいために買い物にも不自由しませんでした。
ところが借りた物件が悪すぎました。借りたのは、線路沿いにあるマンションの狭い一室でした。このため入居したばかりの頃から騒音など不満ばかりが出てしまい、結果として便利で暮らしやすいはずの町を離れて、交通の便が悪く、周辺に店が少ない今の住まいにわざわざ引っ越したのです。
町の住みやすさに関するアンケートには、個別の物件についての質問はありません。だから町そのものについて好意的な回答をしても、その町に長く住み続けられるとは限りません。逆に町自体は不便で暮らしにくさを感じていても、間取りが良ければ長く住み続けることができます。義母のセリフに、そのことが凝縮されているように感じました。

あるんじゃないかベイスターズ筒香の本塁打皇族

熟練野球のオールスター明けのヤクルト3連戦はDeNAの筒香プレーヤーが4教科書のホームランを打って2勝1敗で勝ち越すことができてオタクとしては最高でした。今まではそれぞれ名前はヤクルトの山田プレーヤーが独走するんだろうなあって思ってましたが、筒香プレーヤーの固め打ちでホームラン国王があるんじゃないかと界隈まで山田プレーヤーに追いつきつつあります。オールスターでMVPをとった辺りからいよいよ一塩ギアが上がったようなヤバイビンゴのホームランを打ち出して非常に期待が持てますね。打率も3割をハッキリキープしてますし勝負著しいだ。前年より一番進化してますね。オタクとしての思い入れも残るんでやっと今年は名前取ってほしいだ。目的の目当てが山田プレーヤーってのもいいんですよね。ホームラン国王張りあいを邦人プレーヤー同士でやってるってのがロマン溢れてて宜しいじゃないですか、和製大砲がセリーグにも双方掛かるってのが宿命楽しみですよねえ。こんな2人で争って名前がとれればもっと上のプレーヤーになれると思ってます。上賭けも故障無く完走やるだ。

娘にベビーカーを押してもらったら道を塞いでしまいました。

朝、娘を幼稚園バス乗り場まで連れて行く途中にゴミを出します。2歳の妹もベビーカーに乗せて一緒に連れて行くのですが、大きなゴミ袋を持ってベビーカーを押すのはなかなか大変なんです。今日はたまたま庭を片付けたゴミもあったので両手が塞がりベビーカーが押せませんでした。幼稚園バスが来るまであまり時間がなかったので折り返すわけにもいかず、その間、娘達が大人しく待ってくれるわけもないので、4歳の幼稚園児にゴミステーションまでベビーカーを押してと頼んでみました。私も幼い頃にお兄ちゃんが私の乗ったベビーカーを押してくれていて、前が見えなかったらしく谷川へ真っ逆さまな思い出があるんです。娘も前が見えていないにも関わらず張り切って押しながら走るので、慌てて注意をしました。滅多に車の通らない田舎道なのに今日に限って車が来てしまい、うまくベビーカーを動かせない娘が道を塞いで立ち往生です。慌てて道端にゴミ袋を置いて駆け寄りました。これからはゴミの日はもう少し早く起きて子供達が起きる前に出しておこうと思います。

火の用心は本当にしっかりしないといけませんね

11月11日に甲府市の市営団地で火災が起き、その市営団地に住む県立韮崎工業高校3年の日原拓哉さんが高齢者や子供8人を助けた事で南甲府署から感謝状が贈られました。

この火事の時火元となったのは足の不自由なおじいさんの家でした。そのおじいさんがトイレに行くだけで10分くらいかかる事を以前聞いていた日原さんは消化器を握りしめておじいさんの部屋に突入、自分の服に火が燃え移りながらもおじいさんを助け出します。その後高齢者5人と小学生2人も救出し、まさにヒーローといった活躍でした。

本当に凄いですね。なかなかこういう現場に立ち会う事はありませんしどんな心境になるものか分かりませんが、日原さんは本当に立派な事をしたと思います。家族も鼻が高いと思いますよ。

それはそうとやはり冬は空気が乾燥しがちで火災が起きやすく、鎮火しにくいですから火の取り扱いには注意しなくてはなりません。

今回はこの青年がいたから被害を抑えられたものの、一歩間違えば大惨事です。

しかし文で読んだだけなのに少し感動してしまいました。本当にカッコいいですね!

福岡の焼き鳥店では「とりかわ」が一番人気

昨夜の9時から秘密のケンミンショウーを見ていたら近県の福岡県で焼き鳥のとりかわが県民の一番人気だと知りました。他の県とは違い番組内で分かった事は串に鶏の皮を巻きつけるように形を整える作業を何人かで作っていて串に巻き付けたとりかわを今度はタレに浸けるのは2度後は何回かに分けて火入れをしては休ませ又火入れをする作業をする全行程に6日間もかけてお客が注文した都度軽く火であぶって提供するとても手間がかかった物だと知りました。創業者の方の娘さんがとりかわが苦手だったのでそれを何んとか食べて欲しくて考案したそうです。連日多くの客が10本単位で注文になっているが殆どの客は20本30本と最初に頼み追加の注文もとりかわが殆どどの客も沢山食べていました。表面はカリカリで中はふんわりして脂っこく無いのでいくらでも食べられると言っていました。とりかわが苦手な私でももしかして食べる事が出来るかもと思いました。テレビで見ていると本当に美味しそうに食べていたのが印象的でした。http://www.rentmatch.co/

巻き込まれないようにまづしてもらいたいと全員が合えば何もないのに

問題がいつまでも自分の周りにあるような気がします。最初から巻き込まれないようにしてくれたら自分と同じなのになといつも思います。社会で浮くのは必至だと思います。大変な人、問題、迷惑行為、困ってる人、浮いた人、地域や学校の問題、そういうのが全部ある地域に見えます。住んでいると、大変そうな話がまだあるわけですよ。解決してあげたくは思わなくはないですが、関わらないという意見の方が強いと思いますよ。あまりないですし、大変だとかでいつまで地域や学校の校風にまで目が及ぶのかと思うと、学校の校風も地域と連動しているようにすら見えて、やっぱり迷惑がすごいなと思うわけです。あまりないので、個人が思うべきでもないとは思うんですよ。校風の良さそうな合っているところを探して最初からそうしてほしいものです。そのせいで、何も進路も最後まで行けず、低くして諦めたくらいです。今もその続きでそこに困ってはいますし、片付けたくも思いますし、根本解決や、根絶すらしたく思うくらいですよ。地域から言っていかないと、学校や人に何かの余波が出てしまいそうで、一応住民も警戒はしています。地域や学校や社会というワードにだけ引っかかるような悩みでこれを始めているので、それが片付いたら専ら他の世を見せれてますからね。http://www.sandlerltd.co/kireimo-waki.html

お手伝いにも信望!紫陽花の素敵な花言葉

先日雑然としてきたので、ラックのケースの間を片付けていたら、折り紙を見つけました。
思い出深い〜。
昔は良く折り紙で紫陽花の花を折っていたものです。

少々メモリーに浸っていたら、紫陽花の花言葉を思い出しました。
紫陽花の花言葉は「移り気」。
真面目、花の色合いが地によって陥るからと聞いた覚えがあります。
紫陽花はきれいでフェチだったのですが、その花言葉を知ってからはやっぱり素直にフェチと思えなくなっていました。
紫陽花にはスミマセンんですけど。

しかし、先日特典に紫陽花が人気のようで、おショップでも様々な品目の紫陽花を見かけます。
特典には向かなそうなのにどうしてだろうと思って、花言葉を調べてみました。
そうしたら、たくさんの花言葉が出てきました。
「移り気」は当然、「冷淡」「高慢ちき」といった断じて良い意味ではないものもありました。
でも、「元気な奥さん」「寛容」「謙虚」「所帯集い、ファミリーのひっつき」など、有難いうま味も同じくらい出てきました!

「所帯集い」や「元気な奥さん」などはファミリーや奥さんへの特典に良いですね。
こんな素敵な意味があるなら、特典として人気があるのも納得です。
今後は特典に紫陽花も代わりに入れておこうと思います。