実験でやけどをした瞬間などについて勉強した

テストの応急処置のところにあたって訓練しました。特に、やけどをした場合に関してだ。皮膚が赤くなっただけの実態(第1度)は、やけどのパーツを流水に思い切りひたします(5分限り)。水ぶくれができた実態(第2たび)は、水ぶくれを破らないことです。滅菌・滅菌薬をぬり、小気味よく包帯をします。皮膚が黒く焼けた実態(第3たび)は、乾いたガーゼでおおった後述、取り急ぎドクターの手伝いを受けます。患部に付着しているものは無理にとらず、ほかのパーツを切り落とします。次は、有毒瓦斯・湯気を吸った状態だ。すべての処理に優先して、取り急ぎドクターを呼びます。新鮮な流れ中に連れ出します。多量に吸ったときは、あったかく安静にしてドクターの処理を待ちます。しばらくして現象が変わることもあるので、沈静第ゼロだ。テストの応急処置に対して訓練しましたが、応急処置のことは知っていたこともありましたが、知らなかったこともあったので、いとも勉強になりました。借金返済 相談

美味しい中華料理屋さんを最近発見したのです

日曜日の夜に食事を作るのが猛烈に面倒くさくなってしまって、外食に行くことにしました。
突然決まったのに旦那がそれほど嫌がっていなかったので、本当にラッキーでした。
ただ、外食の費用は私が半分持つことにはなりましたが。外食はたいてい、中華料理屋さんに行っています。
地下鉄で一駅くらい歩いたところにあるお店で、ここはかなり美味しいのです。お値段もリーズナブルなものが多いので、いつもお客さんで一杯なのです。
日曜の夜ということで予約なしで入れるかどうか心配でしたが、ぎりぎり大丈夫でした。テーブルはひとつだけ空いていたのです。
何品か小皿料理を頼んで旦那とシェアして、あとは水餃子を自分用に頼みました。春巻きもほしかったけれども太り気味なので我慢です。
最後は二人で大皿の焼きそばを食べたのですが、これはかなり美味しかったですね。あんかけ風のタレがかかっていて、魚介や野菜もたくさん入っていました。
全部食べると幸せな気持ちになり、そのまま家路に着きました。アリシアクリニック 予約

一緒に住んでいる人を噛んだりはしない優しい飼い犬

飼い犬として大人気のミニチュア・ダックスフンドの種は知らない人が来たりしたときは吠えまくり、家の人を守ってくれています。飼い犬のミニチュア・ダックスフンドのマメ太郎の餌はドックフードをあげているのですが、昼に人がパンを食べて、少しでもマメ太郎にあげると、それが癖になってしまって困ったときがあります。リンゴを少しあげていたらパンの癖は停止したのですが、次はリンゴが癖になってしまいました。ミニチュア・ダックスフンドは、ワガママ、が多いところもあります。昨日、ミニチュア・ダックスフンドと遊んだり、ブラッシングしてあげると、今日もしてと、やってきます。甘えん坊でもあります。こうしたワガママや甘えん坊のところを叱ってしつけてもしつけることができませんでした。それはミニチュア・ダックスフンドはこう言われる種類の犬ですとペットショップのスタッフに教わりました。小犬のミニチュア・ダックスフンドの種は一緒に住んでいる人を噛んだりはしない優しい飼い犬です。ミュゼ100円 口コミ

子供の頃に見た恐怖番組は本当にトラウマレベルで怖かった

大人になったせいか、怖い心霊番組や、不思議映像を見ても怖くなくなりました。どんな心霊映像でも、「どうみてもCGじゃん!」とがっかりするくらいです。子供の頃からこういう番組が好きでよく見ていたのですが、子供の頃に見たものはトラウマレベルで怖かった記憶があります。番組を見た後は、トイレやお風呂にも行けなくなるのになぜか見たくなるんですよね。子供の頃なので、ただたんになんでも怖く感じただけかもしれませんが、昔の番組は妙にリアルで信憑性があるように見えました。

たとえば、心霊写真が写った依頼主とともに、霊の怨念の話や、除霊したりと今見ると胡散臭いような内容だったと思うのですが、番組が作り込まれていてとてもわくわくしたものです。今の番組はドッキリや、笑いも織り交ぜられていて、子供にも見やすい内容のものが多いので、家族で楽しめますが、私は心底恐怖するような怖い番組をまたしてくれないかなぁ〜と期待をしています。キレイモ 予約

目の下のクマ…もはやコンシーラーに頼るしかないのか

以前からよく寝不足で目の下にクマができました。
たいていは数日よく眠ればいつのまにか消えていたんです。
しかし最近ではもう消えなくなって、ずーっと黒ずんでしまっています。
クマって寝不足や疲労からくるものだと思っていました、加齢でもなっちゃうみたいですね。
そして年齢からくるものだと、いくらよく寝てももう回復しないのだとか。
どうやら私のクマも年齢からくるもののようで、回復は難しいかと思っています。
昨年、まぶたにくぼみができて、その際はエイジングケアの美容液でなんとか復活しました。
クマ解消アイテムはないか探してみましたが…あまりなさそう。
もう美容液ぐらいじゃクマを消すのは難しいようです。
じゃあどうすればよいのかといろいろ調べてみたところ、少なくともメイクの際にはコンシーラーを塗ればある程度目立たなくなるということでした。
いままでコンシーラーって使ったことなかったので、どんなアイテムかドラッグストアに見に行ってみました。
リップスティックの形状のようなもので、ファンデーションを塗った後にクマやシミなどの上に塗ると目立たなくなるようです。
お値段も500円程度のものからあってお手頃。使い方もそんなに難しくはないようで、試しに購入してみました。
まあ根本的な解決にはなってませんが、歳も歳なので仕方ないかなあと。
ひとまずお出かけ時だけでもコンシーラーでクマを隠したいと思います。キレイモ 予約

自然と声の大小にかかわらず声がとおるひとは羨ましい

会社の中でも、前から気にはなっていましたが、声がとおる人とそうでない人の個人差を感じるのです。話し声の中でも。滑舌のいい人とそうでない人、声の音質のいい人とそうでない人、語尾までクリアーに聞き取りやすい人と、そでないひと。こうしてみてますと個人差が出るものだとつくづく感じています。このように、程度の差こそあれ、声の通りの悪い人は損をするような気がしてしまいます。同じ人間なのに、声がとおる人は、近くの人でも遠くの人でもクリアーに聞こえるため、周囲の人はその人の存在感をより一層感じることができるのです。同時に、話している内容も言葉の音質がいいので、印象的に聞こえたりと、個人差がでてくるというのも特徴だと思います。一般論ですが、アナウンサーの中でも聞き取りやすい音質の人と、そうでない人はプロでも個人差が生じます。今更ではないですが、こうして「人の声」を分析していると、興味深いものです。身近な日常の中に、意外な不思議や発見があるものだと実感しているところです。銀座カラー 予約

日本語の奥深さやたおやかさに惹かれて。書き散らすだけはよくない。

『数学文章作法』を読んでから、文章が綺麗になった気がする。
でも、それはあくまで、体感だ。自分でそう思っているにすぎない。
お金は、単価で表現されるので、綺麗な文章を書いて単価をあげたい。
とくに、いま1文字1円でやっているお客さん。
もっと、案件がほしい。高単価の。
でも、なかなか難しいのだな。人生はうまくいかないから。

けれども、その他の書き散らしているだけのライターに比べたら、
私はがんばっているほうではないだろうか。
日々、どりょくもしている。
とくに最近は、ひらがなと漢字のバランスを考えながら書いている。
読みやすさに大きく差がでてくるからだ。

そのてんを考えると、最近はバランスがよくなってきたようにも思える。
良い、とよい、の使い分けなども知りたい。何が良いなのでなにがよいなのか、
日本語のつかいわけをもっともっと知りたい。
毎日新聞校正グループのTwitterなどもみている。とても勉強になる。もっと綺麗な文章が
書けるようになったらな。

トランポリン教室で会った、とても貴重な人。

1年ほど前から子供の体幹を鍛えたいと思っていた私。何がいいのだろう?と思い色々調べて、今日娘を連れてトランポリン教室の体験入学に行ってみました。トランポリンといえば・・・ぴょんぴょん飛び跳ねることくらいしか思いつきませんでした。行ってみて、中学生、高校生の子供たちがグルングルン回っていてビックリ!私が知らなかったトランポリンの実態を見れました。娘もキラキラ目を輝かせて、飛んでいる子供たちに釘付け。でも、何より私が一番良かったのは、コーチが昭和の学校の先生のようだったこと!大声でおしゃべりしたり、ふざけたりしている子供にげんこつをしたり、やる気がないなら出て行け!靴は揃えなさい!挨拶は大きな声で!とにかく厳しくうるさいのです。私が子供の頃は、こうやって、よその子でも怒ってくれる大人がたくさんいました。でも今の子供たちは怒ってくれるのは親だけかもしれません。おじいちゃんおばあちゃんも昔に比べたら孫を怒ったりしないような気がします。先生も子供をガラス細工のように扱っている感じがするし。他人なんてまず怒ってくれません。そんな時代に、こうして怒ってくれる、当たり前の常識を教えてくれる人がいたことに感激しました。肝心なトランポリンは、実際どうしても行かせたいわけではなかったけど、トランポリン以外に得るものがある気がして入会して帰ってきました。アリシアクリニック 予約

10ヶ月で35キロ痩せた人のブログをみた

10ヶ月で35キロも痩せたおばちゃんのブログを読んだ。
今の私よりもはるかに体重が重く、90.6キロからのスタートだった。
でも食事方法に特徴があった。朝はご飯半分におかず、昼はそば、夜は炭水化物抜き。
そしてウォーキング5000歩で200キロカロリーぐらい消費している。
すごいと思う。外食時も制限している。
ブログを読んでいると、1周間に1キロ痩せたようだ。10ヶ月は40週間だから、約35キロのダイエットは
本当にコツコツやっていったのだろうな。
90キロから35キロマイナスということは、55キロになったということか。
ストレスもためてないし、暴飲暴食もしていないし、すごいと思う。
10ヶ月ということは、私の場合は来年の1月だ。真冬になるまではこの生活を続けたら、40週間経つ。
せめて、それまではジムを続けたい。
ウォーキングは時間がかかるからいやだ。ジムにする。
ジムでの下半身筋トレと、エアロバイクと、食事制限。
ジム行くの、もうめんどくさくなった。でも運動しなくてはいけない。
汗をかいて、ストレスも吹き飛ばさなきゃ。

年配の小言ほど自分の仕事に生かされるものはない

男3人でホルモンと日本酒片手に語らう。

自分(23)、上司(58)、別の会社マネージャー(57)という布陣。

自分からすれば、二回り以上違う、

いやもしかしたら親子に見られてしまってもおかしくないのかもしれない。

ただ、自分の性格上同世代よりもなぜか年上が好きなところがあり、

そういったところは全然苦にしないある意味“変人”なのかもしれない。

3人での会話を振り返る。

マネージャー:若いうちは、やりたいことをやれ。いいか?俺らはな、もし失敗してしまったら部下などに「なんだこの人」と思われる。

けどお前はな、失敗しても、「まだ若いから」と周りに思われてそれで終わりなんだよ。それを今後生かすかどうかというのは、自分次第だが、けど、その失敗しても俺らが尻拭いをすればいいだけの話なんだから。

上司:○○君(俺)は、自分の好きなことをやりなよ。例えば得意なものがあるだろう。それをやってみたら?今は、いっぱいいっぱいなところがあるかもしれないけど、少し落ち着いたらまた変わってくるんだからさぁ。

そこで自分のやりたいことをやって、失敗しても俺が責任を負えばいいんだから。

もっと動けよ!!

時刻は、深夜の1時になっていた。

あっという間だった。

自分に自信がないのが自分だが、

けどほんの少しずつでもいいから小さな自信がつけばまた大きくなっていくと思う。

根がネガティブなところがあるから、

考え方から変革していき、時間をかけてでもいいから変えていこうと思う。